2007年12月21日

旨くて熱い!?(後編)

CM中…
(ヤバイ!時間が無かったから、面白おかしく“つづく”って
展開にしたら、みんな楽しみにしてるよ…。詰まんなかったらどうしよう…
絶対にコメントとか減るよ!どうしよう、どうしよう…
『ハイ!CM明けま〜す!』うわぁ〜CM明けるよぉ…)

『旨くて熱い!?後編』

皆さん、お待たせしました。

コウモトと相方の二人が
居酒屋【五郎】でささやかな忘年会を楽しんでいたトコロに
得体の知れない男が店に入ってきました。
店は、満席で男の座る席がありません。
しばらくしてコウモトの隣の客が店を去り
得体の知れない男がコウモトの隣に…。

後編の熱い話です。

相方と私は、
その男の得体について
推測していました。

・ラーメン屋の店主(頭のバンダナがラーメン屋っぽい?)
・五郎と同じく飲食店を経営(五郎の店長がわざわざ挨拶していた)
・学校の先生(店の若いスタッフがやたらとぺこぺこしている)
・カメラマン(なんとなく…強いて言うなら不精髭?)

何やらスタッフと話していますが、
店は満卓で騒がしく聞こえやしません。

そうこうしているウチに
やっぱりその男は隣に来ました。

いつの間にか、ビールから焼酎に変わっています。
(しかも、ビールと同じ大ジョッキ!!)

男とスタッフの話が一段落ついた時、
相方が私が考えもしなかった暴挙に出ました!

『あの〜何の仕事されてるんですか?』

!? 直接聞くか普通!!


得体の知れない男は、
突然知らない人に話しかけられたのに
屈託のない笑顔で
『山岳ガイドをやってます!』と言って
焼酎を飲み干しました。(飲み方がビールと一緒です!)

『なるほど!』
相方と顔を見合わせます。

ひとりで来ていた山岳ガイドの男は
いい話相手が出来たと思ったのか
堰を切った様に話始めます!

『夏は、北海道が多いね!』とか
『だいたい一回のガイドで1週間は入るよ!』等々。

ひょっとして地雷踏んだかぁ…と
顔は笑顔で話を聞きながら思っていました。

すると、相方がまたもや暴挙に出ます!

『この人(私の事)も登ってるんですよ!』

いーえ!私のやっているのは、
『登山ではなく岩を登るフリークライミングです!』
と言おうとしたけど遅かった…。

『そうなんだ!どこやってんの?』と山岳ガイド。

『いや…アルパインじゃなくて…』と説明しようとすると

『俺はさぁ、ガイドやって金が貯まったら、
再来年にはK2やるんだよ!』と人の話なんかお構いなしです。

しかし、良く考えると
7〜8000メートル級の山に登ってる人と
酒飲みながら“サシ”で話す事なんてありません!
話に付き合う事にしました。

得体の知れない…いや山岳ガイドの男は、
興味を持った私達に気を良くしたのか
聞いてもない事まで話してくれます。

エベレストは、金と時間があればさほど難しい山ではない事や
植村直巳さんが消息を絶ったマッキンリーは、
天候を読むのが難しいとか、K2はエベレストより
登る価値がある山だ!とか、最少年で世界7高峰を
制覇した野〇健はホントにスケベだ!けどいい奴だ!とか…。

全てを書き出すと、
また“つづく…”になる位、話は弾みました。

私もこの頃は、身を乗り出し
『じゃあ〇〇は?』とか『〇〇には登った?』なんて
すっかり質問魔と変貌していました。^^

様々な山の話を一通り聞いた時、
またまた相方が暴挙に出ます!(まったく油断出来ません)

『でも、山って死ぬ確立高いんですよね?
なんでそんなに危険なのに行くんですか?』

それを言っちゃーオシマイです。

アルピニストにとって山に登るって事は
生きるって事と同じなんですから。

男は、またまた屈託のない笑顔で…
『トップにこの世の者とは思えない女が
全裸で俺を待っているんだよ!』

えーっ!!
エベレストに初登頂したかも知れないマロニーは
『そこに山があるからさ!』って言ってたのに!

ちょっと尊敬し始めてたのに…このオヤジ。

でも、これから本番でした。

『パーティーを組む時に選ぶ基準は、
「頑張ります!」ってやる気がある奴じゃなくて
「登ります!」と言う奴じゃないとダメだ!
出来るかなぁ?じゃダメなんだよヤルんだよ!』

なるほど…耳が痛いです。

『10回アタックして1回登れればいいってんじゃ
ダメなんだ!1回のアタックで登る!じゃないと!』

私は、覚悟が足りません…。

『今まで登頂出来なかった各国のパーティは、
殆どが時間切れなんだよ!でもそれじゃダメなんだ。
登頂するまで降りない!登頂したら必ず生きて帰ってくる!』

絶対に目標を達成する強い意志!まだまだ甘いです…。

私は、岩を登るフリークライミングはやりますが、
山には登りません。フリークライミングも『絶対に登ってやる!』
って強い意志は必要です。少しは持っているつもりでした。

しかし、
8000mを越す人知を超えた世界に
生きている人とはケタが違いました…。

山にまったく興味の無い相方が
舟を漕ぎ始めたので
『K2、登ってください!』と
山岳ガイド、いえアルピニストの男と
固い握手をして先に店を出ました。

今もあのアルピニストの笑顔が
鮮明に思い出せます。

ひとつ間違えれば確実に命を落とす山。
それに挑むアルピニストと言う人種は
世間から見れば(私の相方の様に)ハグレ者です。
でも、一遍の負い目もなく屈託のない笑顔で
初めて会った私達に熱く語れる…素直に凄いと思いました。


オフィスは東京にあるのに
新潟で忘年会をやっているって以外は
何の変哲もない忘年会が、
私にとってかけがえのない忘年会になりました!

来年も必ず目標を達成するぞー!

しかし、
自分で話し掛けたくせに
興味がない話だとウトウトしてしまう
相方に感謝した方がいいんだろうか?^^

       〜END〜

楽しみにしていてくださった皆さん
ごめんなさい!!
大したオチもなく…変な奴(私達)と
山のトップに女が!とほざく変なオヤジが
出合っただけの話でした。

でも、ライブで見ると絶対に面白いんです!
私の文章力の無さを今日ほど悔やんだ事はありません。

そして、
楽しみにして頂いた皆さんの“プレッシャー”!
ホントにありがとうございました!

今後、しばらく“つづく”は使いません!(*^-^*)

ではでは!

banner_02002.gif ←あなたもエベレストに登れるかも!?
posted by heartfullife at 21:33| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 新潟情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「つづく」にプレッシャーかけちゃいましたかね?(^^;
でも興味深いお話でしたよ☆
登頂とかはよく分からないんですが、覚悟や強い意志が必要な世界なんですねー。
「できるかなぁ?」じゃなくて「やる」っていうのは、登山に限らずいろんな場面に通じることだなぁと思いました。

そして、相方さん面白いですね^^
Posted by よーみん at 2007年12月22日 11:47
いやいや何とも
いい話じゃないですか\(^o^)/
むか〜し植村直巳さんの映画を見ました
泣きましたよ
うちのダンナは直筆サインを持っています
「生きて帰らなければ意味がない」んだそうですね
私は山登りはしないのですが
こういう方のお話には心動かされるものがあります
私もその忘年会に参加したかった(^_^)v
ジョッキで焼酎飲みたかった
Posted by あんこあめ at 2007年12月22日 19:14
>よーみんさん、こんばんは!

でしょ!でしょ!!
山に限らず仕事、いや生きるって事にも
通じる話なんですよ!
それを、相方ったら舟漕ぎやがって…。

プレッシャーは、自業自得です!^^;

本当にコメントありがとう!!
肩の荷が降りました!(*^-^*)

>あんこあめさん、こんばんは!

そう言ってもらえると、
ホントに楽になりました!^^
知り合いのアルピニストに
聞いたんですが、
酒の強さと高度の順応力は
比例するらしいです。
いっちょうエベレスト目指してみますか?

来年の忘年会、いや新年会来ますか?
多分、新潟ですけど…^^;

本当にコメントありがとうです!!(*^-^*)
Posted by コウモト at 2007年12月22日 23:06
山に登ったのは中学生の頃が最後かなぁ。。
ウチの父が山岳部だったらしく、よく山登ってました。
懐かしい思い出です。
コウモトさんの記事で蘇りましたよ。
ありがとです(^^♪
Posted by yun at 2007年12月23日 00:17
「続く」は難しいですね・・(笑)
職業によって緊張のいる職業は開放されたとき人懐かしさでしゃべりたくなるんでしょうね・・(笑)

明日はイヴですがクリスマスが終わるとお正月
今年はどんな年でしたか・・・
来年は地球と共存できるいい年になって欲しいですね
今日もあなたにとって良い日で有ります様に!感謝。
メリー・クリスマス
Posted by さくらPaPa ≡ Slow life at 2007年12月23日 11:38
>yunさん、こんにちは!

お礼なんて、とんでもないです!
こちらこそ、読んで頂いてありがとです!
コメントまで書いてもらって…
ホントにありがとです!^^;

>さくらpapaさん、こんにちは!

ホントですね!
「続く」なんて使うもんじゃありません!
しかし、アルピニストは、のんべぇでした。
会計が一緒じゃなくて良かったです!^^
コメント、ありがとうございました!
Posted by コウモト at 2007年12月24日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。